安定した収入を収益物件なら得られる|ポイントをチェック

レディー

プロにまかせる賃貸経営

説明

今からマンション経営する方におすすめなのが、サブリースという経営形態です。これはプロの管理会社に入居者の募集、家賃の回収、建物管理の全てを委託する契約のことです。もし空室が出ても家賃を保証してくれるので、オーナーは何もせずに毎月家賃収入を得られます。また経費計算が簡単になるので確定申告が楽です。

もっと詳しく

賃貸経営の課題をなくす

相談

賃貸経営には空室リスクをはじめとして様々な課題があります。周囲からはわからない気苦労も数多いので、賃貸経営を一括借り上げで長期的に管理を不動産管理会社に委ねて、様々な課題から解放されるようにしていきましょう。

もっと詳しく

収益の高い物件とは

財布

不動産投資のための物件紹介で、利回りの高さを掲げての収益物件を取り上げられることがあります。多くの場合、これは販売価格に対しての家賃収入の高さをアピールするものとなります。同じ条件での不動産における利回りを比較するのであれば、このような表記は比較のための参考になります。けれども本当の意味での収益物件かどうかは別問題となります。まずその設定家賃がかならず入るのかという疑問があります。たとえ周辺の家賃相場がそのくらいだとしても、すでに賃貸需要が満たされているようなエリアでは賃借人がそもそも付くのかというリスクが生まれます。さらに築年数が古くなれば、家賃設定は下がるのが通例です。つまり最初の家賃提示により収益物件として長く続くのかという疑問点が生まれることになります。

収益物件を考える際には、家賃収入の他に出費がどれほどあるのかも確認することが大事です。例えば毎年支払う保険料や固定資産税、定期的に行うメンテナンスや設備故障に対する修理費用もあります。これらが増えれば当然ながら、物件の収益性は落ちることになります。さらに修繕積立費用が足りなくなり値上がりすることも良くあります。このようなランニング費用は年数が経つにつれて増加傾向となることがわかっています。それを踏まえた上で、収益性がどれほど期待できるのかを考える必要があります。また、基本的に収益物件と呼べるのは賃貸需要の多い場所であるものです。さらにその需要となる世帯の形に見合う間取りなどが必要となることも知っておくべきです。

賃貸マンションを借りる

硬貨

従来、部屋を借りる契約を結ぶ際には、連帯保証人を立てるように求められるのが普通でした。しかし、時代の移り変わりと共に、連帯保証人になってくれる人が1人もいないという人が増えてきました。そのため、最近では、家賃保証会社が利用されるようになっています。

もっと詳しく